• Akane

10年

更新日:2021年3月12日

こんにちは。あかねです。


3.11の震災から10年。

私は高校2年生の終わりで、学期末ということもあり、多分午前中に授業は終わっていて、

地震がきた14:46は当時所属していたハンドボール部の練習中でグラウンドにいました。

海のすぐ近くの学校だったので、波打つような感覚で地面が揺れたこと、今でも鮮明に覚えています。

携帯もまだいわゆるガラケーで、今みたいにすぐにLINEニュースを確認できるような時代でもなかった。

よくわからないまま、顧問の先生が来てくれて体育館へ避難。


私は高校の中でも一番遠くから通っていたため、電車が止まってしまい、また道路も大渋滞で帰宅することができず。

私のように帰れない生徒が全体で5〜10人くらいいたのかな?

初めてカンパンを食べて口がカラカラになる感覚を覚えたし、震災用の毛布が本当に置いてあるんだ、とびっくりしました。

先生たちは近くのコンビニを回ってくれましたが、なかなか食品が売っていなくて、なんとか見つけたカップ麺(カップスープ?)を買ってきてくれたのを覚えています。