• Akane

Kaneko PaddlesのSUPパドルご紹介!

こんにちは!あかねです。


SHO FARMのお野菜販売は今日を最後にしばらくお休み。。

お野菜には端境期(はざかいき)という春夏野菜と秋冬野菜の入れ替わりの時期があるそうです。

今はハウス栽培で一年中、季節を気にせずにいつでもたくさんの種類のお野菜を買うことができますが、自然界ではそれが当たり前ではないなーと改めて思いました!

人間だって好きな季節あるし、動物だって生息地が決まってたり冬眠しますもんね🐻

私は春から夏にかけてだんだん暖かくなっていく時期が一番好きです!🌳

岐阜に住んでいた頃に白川郷は春夏秋冬訪れましたが(今思えば贅沢!)、個人的には5月ごろの緑緑しい感じが一番好きでした。

あと2-3ヶ月くらいの辛抱!!


さて、今日はKaneko PaddlesのSUPパドルのご紹介です!

その前に、SUPのパドルって調べると色々な価格がありませんか?

見た目そんな変わらないのに値段が全然違ったり。


例えば、インフレータブルのセットのパドルは価格抑えめなアルミ製。

KOKUAのFLOATやGLIDEにもアルミパドルがセットで入っています。

このパドルではガシガシ競って漕ぐ!と言うよりはこれから始める方や友達や家族とのツーリング向け。

そして強度も高いです。いきなり高価なカーボンのパドルを使って、岩場にぶつけてしまったり•••なんてことが起きたら悲しいですよね。

またインフレボードは取り扱いやすいので、初心者の友達と遊ぶことにも向いていますが、その時に高価なパドルを貸すのはちょっと•••と躊躇してしまう方もいると思います。


一方でKOKUA FLYにはパドルが付属していません。

と言うのも、FLYは14ftとレースでも乗れるモデル。ガシガシ競って漕ぎたい!と言う方にはアルミパドルは少し重く感じてしまうため。

一度比べてみるとアルミパドルとの重さの差は歴然。本当に軽い!疲労感もだいぶ変わってきます。


SUPを始めてみてずっと付属のパドルを使ってきたけど、だいぶ漕げるようになったから、長距離漕ぎたいな!レース出てみたいな!と言う方は次はカーボンのパドルへステップアップしていくことがお勧めです😆


Kaneko PaddlesのSUPパドルには4種類ありますが、4つとも共通のブレードシェイプをしています。(ブレード=面の部分)


【4種類共通のブレード】

先端から真ん中にかけて幅があるティアードロップシェイプのブレード。

ブレードの角度は10度ですが、先端にも10度のスクープがあるため、どんな海面や体勢でも最大限に水をキャッチできるデザインです。

ブレードの真ん中から付け根にかけては幅が狭くなり、ダイヒードラル(2面角)を取り入れているため、疲れて力が出ない時でも、ストロークの中盤から後半をスムーズに引きやすくなっています。


4種類の中でもやっぱり一番の人気はAll carbon素材のKK PRO V2 Regular shaft!(税込¥55,000) 重さ:約450-500g

青海波の模様は、広い海がもたらす恩恵を感じさせる柄で、無限に広がる波の文様に未来永劫へと続く幸せへの願いと、人々の平安な暮らしへの願いが込められた縁起の良い柄です。


シャフト(細長い棒の部分)は硬すぎると体に負担がかかってしまい、柔らかすぎると力が逃げてしまいます。レギュラーシャフトは絶妙なミディアム・フレックス(40mm)となっています。

またケニーさんがほぼ全てのレースで使用しているモデルです!


続いて、All carbon素材のKK PRO V2 Skinny shaft!(税込¥55,000)重さ:約450-500g

こちらもレギュラーシャフトと同じくらいの人気なパドルです。

レギュラーシャフト(写真左)と比べるとこんな感じです。シャフトの太さで言うと1cmくらい細い感です。スキニーの方はグリップがシルバーなのも可愛いですね!

女性や子供など、手が小さいパドラーにおすすめのシャフトとなっています。使用するパドラーがレギュラーと比べパワーがないことを考え、フレックスも少し弱めの45mmとなっています。


続いて、KK V3 2pcs!(税込¥41,800)重さ:約500-550g

ブレードはKK PRO V2と変わらず、長さの調整が可能な2pcsタイプ。

KK PRO V2より価格が安いのは、ジョイント部分が加わり硬くなるため、All Carnbonではなく、65%カーボン素材に加え45%ファイバーグラスの混合素材となっているためです。

150-200cmまでの調整が可能なので、ご家族やお友達と使うときにシェアできるのもお勧めなポイントです!


最後にご紹介するのがKK V2 3pcs!(税込¥3,3000)重さ:約550-600g

インフレータブルのバッグに収納が可能で、トリップにいくには欠かせない3pcs!

こちらもジョイント部分が加わるため、30%カーボンに加え、70%ファイバーグラスの混合素材となっています。それでもアルミ製のパドルと比べると約300g-400g程軽くなっているんです!

こちらも同じく150-200cmのサイズ調整が可能なので、家族でご旅行の時にもお勧めです☺️


長くなってしまいましたが、SUPパドルの選び方のコツは、SUPで何をしたいか?が一番です!

友達や家族と遊ぶためなのか、レースに向けてなのか、旅行で持ち運びたいのか、長距離のクルージングを楽しむためなのか••などなど!


PADDLERでは4種類全てのパドルがお店に在庫ありますので、重さ比べをしたい方もぜひお越しください🙌

KK PRO V2シリーズはレギュラーが残り2本、スキニーが残り4本となっています。

次回入荷は2月末となっていますので、いち早く欲しい!と言う方はお店までご連絡くださいね😉


Akane


0件のコメント

最新記事

すべて表示